スタッフブログ

庭が母屋と離れをつなぎ、家人や仲間と気軽に集まれる暮らし

Staff

こんにちは!企画の伏田(フシダ)です。
 『ちょっと背伸びして、そこに見える』理想の暮らしをご紹介しています。


 コトスは、『ちょっと背伸びをした憧れの暮らし』を原点に
人と自然、人と人が気持ちよくつながる家づくりを目指しています。
今回は、家族それぞれの「らしさ」がたくさん詰まった
『ウチらしいウチ』を実現されたお家をご紹介していきます。



今回は、【庭が母屋と離れをつなぎ、家人や仲間と気軽に集まれる暮らし​】です。

日当たりや母屋の用途をふまえ、新たに敷地の南側に建てられた"離れ"をご紹介します。
木製の格子戸をくぐり、石張りのアプローチを抜けると中庭へ。


中庭を閉じられた空間にすることでプライバシーを確保し、母屋とほどよい距離感を保ちます。
道路からの視線や音などでなかなか落ち着けない雰囲気だったのが、
離れができたことで、静かでほっとできる母屋になりました。




離れのリビングは、杉板貼りの天井と珪藻土の壁で落ち着いた雰囲気に。
ウッドデッキの木塀が、道路からの視線を圧迫することなく遮ります。
南側のデッキと中庭側のテラスに囲まれた、開放感あふれる空間です。




吹き抜けから光の降り注ぐダイニング。
たっぷり収納がついた横長のデスクスペースでは、広々と作業ができます。
また、キッチン~家事室~脱衣室の動線が、家事の負担を軽減します。




手洗い場の小さな窓からはお庭を見ることができます。



コトスの庭の緑の使い方が気に入られている住まい手さん。
お気に入りの庭が母屋と離れをつなぎ、家人や仲間と気軽に集まれます。
“日々の生活は離れで、非日常のお楽しみは母屋で”過ごせる新提案の住まいとなりました。





 
最後までお読みいただき、ありがとうございました。
 
今日のメールは、コトスでお家を建てられたお客様の
ご自宅を紹介させてもらいましたが、いかがでしたか?
 
もし、このメールを読まれて
家づくりを考えていたけど、コトスもありかな?
と思った方は、ぜひ一度モデルハウスをご覧いただければと思います。

・自然界の色を基調とした天然素材のほっと落ち着く家
・大きな開口部からたっぷりと降り注ぐ日光
・ウチとソトをつなぐ開放的なウッドデッキ。
・丹波の四季を感じられる庭、薪ストーブのある暮らし
など、コトスのお家がどんな家なのかイメージを持っていただけると思います。

 



それでは、本日もありがとうございました!


 
【コトスWebサイト】
http://kotos.jp/

【instagram】
https://www.instagram.com/kotos1903/

【Facebook】
https://www.facebook.com/kotos.yurakomuten

【RoomClip】
http://roomclip.jp/myroom/1771076

 

一覧へ戻る